TiMidity++での東方旧作MIDIの再生について

ZUN氏の製作する、かの有名な(?)STG東方Project。
実はPC-98用のソフト、いわゆる「旧作」のBGMのMIDIデータは実はZUN氏のサイトでダウンロードできます。
Googleで「MIDI 上海アリス幻樂団」で検索して一番上に出てくるのがそうです。(直リン×っぽいので。TOPページからは入れないみたい?)
ダウンロードしたMIDIはそのまま聞けますが、TiMidity++を使って再生するとSoundFontを使うことが出来て、外部音源がなくてもかなりいい音で再生できるんです。
しかし何故かこの東方MIDI、停止したり、シークしたり、次の曲に移ったり、挙句の果てには再生途中でいきなりエラーになり落ちてしまいます。
原因は良く分からないのですが、TiMidity++と東方MIDIの相性が悪いんですかね。
しょうがないのでMIDIのデータを少しいじくってみました。
PsmPlayerというソフトを使います。元々MIDI→着メロ(すっかり着うたに取って代わられましたが)変換ソフトなんですが、MIDIに再び書き出せる機能が付いています。
PsmPlayerを起動して対象のMIDIを開き、ファイル→MIDIファイルの作成 でMIDIを作成すれば完了です。
別にPsmPlayerでなくともできる気はしますが、Music Studio Producerではうまくいきませんでした。
変換したMIDIはちゃんと再生することが出来ます。
東方MIDIに限らず、他のMIDIにも応用ができるんじゃないかと思います。
ちなみに私と全く同じ現象が起きている人が居て笑いましたw


WordPress Themes