DELL OptiPlex GX60 BIOS Update MEMO

DELL OptiPlex GX60 のBIOSをフロッピーからUpdateするメモ
DELLからBIOSをアップデートプログラムを落としてくるとWindows用のアップデータしか入っていないように見える。要は「フロッピー無しでWindows上から簡単にBIOSの更新ができますよ」っていうヤツだ。それはそれでいいのだけれどもGX60にWindowsが無い環境ではどうしようもない。現にGX60にはUbuntu10.04を入れて使っているのでWindows用のアップデータは使えるわけがない(ダメもとでWineも試したが無理だった)
ではどうするか。

まず最新のアップデートプログラムをDELLのサポートからダウンロードする。今回はGX60のRevisionA09だったのでプログラムは「R89651.exe」というもの。
ここで別のWindowsマシンでコイツを起動して自己解凍になっているので解凍する。(これだけならWineでも可)するとBIOSアップデータが起動するが使えないので閉じる。
解凍したファイルの中にdata1.cabというファイルがあるので解凍ソフトで解凍する。(うまく解凍できないソフトもある模様。Windous用ソフトのUniversal Extractorで解凍できた。Linuxで解凍できるかは不明。)すると「BR89651.exe」というWindows用のプログラムがあるので起動する。こいつでBIOS更新用のフロッピーが作成できる。あとは空のフロッピーを入れてContinueをクリックしてディスクを作成し、GX60をフロッピーから起動すればおしまい。
Windowsマシンが別に一台あると仮定して話を進めてしまいましたが、まぁきっとWin機ぐらい一台はありますよね・・・多分。
あ、うちの部室にはありませんでしたw

とりあえずこれでA02->A09にUpdateできました。DELLのロゴが変わった以外はいまいち違いがわかりません。
ところでこのGX60、sensors-detectしても「センサーがありません」と怒られてしまいます。まさか温度センサとか付いてないんですかね。BIOS SETUPに温度とかファン速度が見れるところが無いのでなんかほんとについてないのかなーとか思ってしますのですが・・・単にsensorsが対応してないんですかね。


コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Leave a comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

WordPress Themes