東方プラ板3

遂に三日目突入・・・

dscn3110
今回は↓の諏訪子を使わせていただきました。

えっ?段々絵が簡略化してるって?気のせいですね。
前回の焼いた後に塗料がモリモリしてしまったという失敗を踏まえて、今回は極限まで薄く塗料を塗ってみました(プラ板がギリギリはじかない程度)
大分慣れてきたのと、塗料が薄くてとても塗りやすいので、かなり早く塗れるようになりました。あと、髪の毛の部分は面倒だったので大幅に簡略化しました。

dscn3112
焼き上がりの表面。前回のチルノよりは格段に良くなっています。一部分陥没してしまったのはプラ板の品質のせいでしょうかね?
塗料の盛りすぎは気にならなくなりましたが、今度は色のムラが気になるようになってきました。いろんな色を混ぜて色を作ったせいなのか、乾く途中で色が分離(?)して帽子の部分の色が変です。

dscn3113
裏面と見比べてもらえれば良く分かると思います。
やはり専用溶剤じゃなくて水で薄めて使っているせいなんですかねぇ・・・。それともこの塗料は混色するのに向いていないとか?
という事でまた課題ができてしまいましたね。どうすりゃいいのよ/(^o^)\
でもまぁとりあえずケロちゃんできてよかったです。ほんとに。


2 Comments

  • By LieFE, 2009年3月18日 @ 22:47

    凄い情熱だな…

  • By Mernao, 2009年3月19日 @ 19:14

    情熱も大事だけど、まぁ楽しかったからねw
    失敗したときの悲しみを除けばそんなに苦ではなかったな。

Other Links to this Post

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Leave a comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

WordPress Themes