アナログコントローラ

普通に売っている3000円ぐらいのPC用のゲームパッドはまるでダメです。
大抵アナログスティックがすぐに馬鹿になります。
なかにはスティックの可動パーツがプラスチックでできちゃってるものなんかもあります。こういうのだとすぐにグラグラになってしまいます。
もうひとつの故障原因が、スティックの傾きを検出する抵抗がバカな場合です。ある程度はゲームパッドの設定画面でゼロ調整ができるんですが、酷くなると右に傾けても左に傾いたりします。こうなると抵抗を交換するしかありません。

で、何が言いたいのかというと、それに比べてSONY純正のPlayStation用のアナログコントローラはしっかりしてるということです。
ちなみにPS2用のDualShock2は3000円程度で購入出来ます。別途変換器が1000円ぐらいなので、ちょっと高く付きますが性能は段違いです。故障することも考えればお買い得です。
まずPCの設定画面でアナログコントローラを動かしてみてその滑らかさに驚かされます。
私はSONYがそんなに好きでは無かったのですが、これに関してはすごいと思いましたw
SONYもSCEに限っては良いのかもしれないなと思いました。PSP Go!には幻滅しましたがw

しかもこのアナログコントローラ、PS1時代のものならハードオフなどでジャンク品が100~300円程度で売られています。ただ、PS2用のDualShock2だと大体500~800円するみたいです。(値段つけた店員によってマチマチみたいですが)
PCで使うのには初期型で十分なので状態がいいのがあったので今回買ってみました。


青いのが210円、グレーが105円でした。
青いのは四角ボタンが押しっぱなしになってしまうという動作不良があったのですが、全部分解して接点を掃除したら直りました。
グレーは完動品でした。
一番驚いたのは二つともアナログスティックがほとんどバカになってないことです。スティックの表面にそれなりに使われた跡があるので、かなり丈夫なパーツを使っているのかなと思ったんですが、意外と前PC用ゲームパッドを直すのに買ってきた補修パーツと同じでした。まさかあのパーツがそんなに丈夫なんだとは思っていませんでしたwちなみに近所の電子部品店で315円でした。

ちなみに買ったこの二つコントローラはジャンク品なのでもちろん動作保証なし。ちゃんと動いたので計315円でメシウマですw
しかしジャンク品はとても汚いです。買って雑巾で拭くぐらいではとても使う気になれないので全部分解して基板以外は全部丸洗いして、細かい部分も歯ブラシで綺麗に洗ってあります。友人に1000円ぐらいで売りつけられるんじゃないかっていうぐらい綺麗にした自信がありますw

そういえば店の同じカゴの中に白のアナログコントローラがあったんですが、日焼けか何かで部分的に黄ばんでいたんですが、グレーの二倍の210円でした。一体どういう値段の付け方してるんですか・・・
あとDualShock2で「反応悪かったです」と書かれているにも関わらず525円とかありますから、ナメてるのかと思ってしまいます。
ただそういうところを見極めるのにもジャンク漁りの面白さがあるんだと思うんですがね。


コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Leave a comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

WordPress Themes