HA-MD55 リレースイッチ修理

4年程前に購入したHA-MD55というアンプ、購入当初から左チャネルの音の出方がおかしく、ある程度音量を大きくしないと音が出ないという症状がありました。ここ最近は特にひどく、かなり音量を上げないと左チャネルの音が出ず、ボリュームを8/10ぐらいまで上げないと出ないことも多々有り、更には再生中に急に左チャネルから音が出なくなる事もありました。
オーディオの回路みたいなものはド素人なので何故音が出なくなるのか最初分からなかったのですが、少し調べてみるとどうやらスピーカー保護回路のリレースイッチの接点の接触が悪くなるとこういうことが起こるらしいです。というわけでリレースイッチを秋葉原のガード下の店で買ってきて交換してみました。

2014-06-07 18.19.50
途中まで分解したところです。赤枠で示した部品を交換します。

2014-06-07 18.37.12
コイツです。

2014-06-07 18.48.42
交換用の部品はOMRON G2R-2 24VDCです。スケルトン仕様でイカしてますねw カチッ、という音ともに接点が移動して通電するのが見えます。
この部品は真ん中に余計な足が2本出てるのでニッパーで切っちゃいます。
交換したところ、見事左チャネルから綺麗に音が出るようになりました。

2014-06-07 20.17.26
古い部品を分解してみたところです。接点が真っ黒で、接点をくっつけてテスターで計ってみましたが、片側はOPENになったりSHORTになったりで非常に不安定でした。よくこんなので音が出ていたなぁと思います。

このアンプはイコライザがついていてデザインがお気に入りなので、元々チューナー込みで2千円程度で購入したものですがもうちょっと長生きしてもらおうと思います。


コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Leave a comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

WordPress Themes