TOSHIBA EXCERIA SD-CX32HD(BL7 購入/ベンチ

2013-07-03 20.52.48
先日(7/7)、A-DATAのMicroSDHC(AUSDH32GCL10-RA1)がお亡くなりになりました。大体5ヶ月ぐらいで壊れた計算になります。ちょっと早すぎ?急にスマホで認識しなくなったと思ったら死んでいました。このMicroSDはClass10なんですが、そんなに速いわけではなかったのでもっとSequentialWriteが速いのが欲しいな思っていたところだったので、東芝製を買って見ることにしました。A-DATAは永年保証があるのに交換しないのかという話ですが、A-DATAは購入店でしか修理の受付を受け付けていないらしいです。とても面倒。
TOSHIBA EXCERIAは多分高速なことで割と有名じゃないかと思います。しかし、国内正規品は非常に高くて6k円程度します。一方、海外パッケージの並行輸入版は半額の3k円程度で買えてしまいます。並行輸入版は国内サポートがどうやら受けられないようですが、まぁ安いしいいかということで並行輸入版を購入してみました。ちなみにMADE IN TAIWANになっているもの(多分型番が違う)もあるようですが私が購入したのはMADE IN JAPANのものです。
コイツの購入に合わせてUSB3.0対応のカードリーダーも買いました。実はメイン機はUSB3.0非対応なので意味が無いのですが、前に使っていたカードリーダーがUHS-I非対応だったのでついでに買い換えました。

無題
Readが怪しいですが、Writeに関してはほぼ公称値以上出ていて、超高速。流石ですね。測定はUSB3.0対応のノートPCとMR3-C002で行なっています。ちなみに飼った当初のベンチ画像がどっかにいったので、巨大なファイルを書き込みまくった後に測定しなおしてます(データは空です)。最初に測った時はReadは90MB/s近く出ていた気がしたんですが…

bench2
USB2.0接続だとこんな感じです。Readは完全にUSB2.0のせいで頭打ちです。早くUSB3.0対応マザーに買い換えたいですw

ちなみに数日後、秋葉に行く用事ができたのでAUSDH32GCL10-RA1を秋葉原の購入店に持って行ったら普通に交換してくれました。MicroSD余った\(^o^)/


コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Leave a comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

WordPress Themes